メッセージ


サレジオ会のフェルナンデス総長の4月のメッセージ「痛みと希望の間に」が公開されています!

今回はウクライナでの戦争について触れ、平和を願うメッセージとして掲載されております。

ぜひご覧ください!


ストレンナとは?

ストレンナは、イタリア語で「贈りもの」を意味する言葉です。

ドンボスコの時代から毎年何かの言葉を全世界へのストレンナとして掲げています。

そしてそれは同時に「サレジオ家族年間目標」でもあります!


今年は

「何事も愛によって行おう〜強いられてするのではありません、なにごとも愛によって行いましょう~(聖フランシスコ・サレジオの言葉)」です🌸


「なにごとも強いられてするのではなく、愛によって行わなければなりません」

この言葉は、ただのスローガンではなく、生き方であり、サレジオ家族の精神の特徴でもあります。


「愛徳は、私たちの祈りの計りになります。神への愛は、隣人への愛に表れるからです」と聖フランシスコ・サレジオは言います。

これはまさにサレジオらしい「生きた祈り」です。


サレジオ会日本管区公式サイトのストレンナのページ(https://salesio.jp/library/strenna)からは、こちらの資料や総長様のビデオメッセージ(日本語字幕:約20分)を閲覧する事ができます。是非ご覧ください!

こんにちは!

先日、浦田神父様によるボナノッテのお話がSYM公式Youtubeにアップされました!

この内容はSYM事務局員でも分かち合ったのですが、非常に勇気を受けるお話でした!

ぜひご覧ください!!


みなさまこんにちは!

サレジオ会総長による9月のメッセージが公開されました!


「聖なる生き方は、日々の小さな行いから始まるなのだなぁ」と感じさせられました😌❣️

ぜひお読みください〜!


以下、サレジオ会ホームページ(https://salesio.jp/news/17640)より引用



『自らのいのちを捧げてまでも』

TO THE POINT OF GIVING HIS VERY LIFE


その男を止められないとわかったとき、彼はこう言いました。「いのちを犠牲にしなければならなくとも、僕は君を通さないよ」。そして自爆犯は爆弾のスイッチを入れたのでした。

よき友であり、「ボレッティーノ・サレジアーノ」の読者である皆さん、

新学年度の始まりにあたり、心よりご挨拶申し上げます。この学年が希望や新しい計画、家庭的な雰囲気、そして他者に奉仕することにおいてさえも懸命に生きたいという願いに満ちあふれたものとなることを希望します。「…さえも」と書いたのは、すべての若者たちが他者に奉仕したいと望むことが当然ではないからです。けれども、多くの、実に多くの若者たちは望んでいます。

心にふれたいのちにまつわる出来事を皆さんにもお伝えすることを、どれだけ私が喜びとしているか、皆さんはご存じでしょう。ですから、今日、新年度の多くの計画、夢、期待を目前にして、ある青年のことをお話ししたいと思います。彼は私たちの家、運動場、グループにいる大勢の若者たちにとてもよく似ています。若いボランティア、公共の仕事に従事する若者、オラトリオやユースセンターのアニメーターたち。彼らは、人生の素晴らしさを分ち合いながら友人たちと共にいることを楽しむ若者たちでもあります。

私がこれから話そうとするのは、パキスタンのサレジオ会学校の卒業生で、何十人もの人々のいのちを助けるために「あっさりと」殉教者として爆弾の犠牲になった青年のことです。もちろん私は皆さんにも同じことをするように頼むのではありません。けれども、若者たちには何でもできる、英雄的な行為でさえ可能だということをお伝えしたいのです。

アカシュ・バシールの物語

アカシュ・バシールの生涯は意外なほどありきたりです。誠実で深い信仰をもつ慎ましい家庭に生まれたアカシュは、カトリック信者で、サレジオ会学校の卒業生でした。パキスタンのラホール市内、ヨウハナバードのキリスト教区域にあるサレジオの学校で学びました。

アカシュは、私たちの世界の他の若者たちと同様に普通の生活を送っていました。家族や友人たちの中で、学校や職場で、スポーツをしたり祈ったりしていたのです。もちろん、保守的なムスリムの信仰が主流のパキスタンのような国では、若いカトリックの信者であることは簡単なことではありません。信仰は肩書や家庭の伝統に止まらず、アイデンティティーなのです。彼の存在を他とはちがうものとした、単純でありながら大事な、生き方を貫く糸は「奉仕」でした。アカシュの人生のすべての瞬間は奉仕の行いでした。実際に彼は、地元の共同体に奉仕しながら亡くなりました。自らのいのちを捧げてまでも奉仕したのです。

2015年3月15日、ヨウハナバードの聖ヨセフ教会でミサが捧げられていた時、アカシュ・バシールが属していた若いボランティアから成る警備グループが入り口を厳重に守っていました。その日、いつもとは違うことが起きました。アカシュは衣服の下に爆弾を装着した人物が聖堂内で自爆する機会をうかがっていることに気づきました。その男を引き止め、話しかけてやめさせようとしましたが、どうしても止めることができないとわかった時、彼はこう言いました。「いのちを犠牲にしなければならなくとも、僕は君を通さないよ」と。その瞬間、アカシュは自分の身体を爆発を抑える盾としてテロリストに抱きつきました。そして自爆犯はスイッチを入れたのでした。その時教会の中で祈っていた数百人の人々、少年少女、母親たち、青年たち、男性たちのいのちを守るために自分のいのちを捧げて、私たちの若い卒業生は亡くなりました。アカシュはまだ20歳でした。

この出来事はサレジオ会員である私たちとサレジオ家族に深い感動を与えました。当然私たちは若いアカシュのことを忘れることはできませんし、忘れたくもありません。彼の飾らない普通の人生は確かにラホール、さらにパキスタンと私たちのサレジオの世界全体に住む若いキリスト者にとって、大切な意味を持つ、この世を超える価値を示す手本です。

彼の母親は言いました。「アカシュは私の心の一部でした。でも私たちの幸福感は痛みよりも大きいのです。彼は薬物中毒や事故で亡くなったのではないからです。彼は普通の若者で、神様と教会の人たちを助けて主の道で亡くなりました。アカシュはもう私たちの聖人なのです」。

今ではアカシュの弟のアルサランが教会の警備チームの一員となっています。「私たちは彼を止めませんでした。私たちの子どもたちが教会に奉仕するのを邪魔したくはないからです」と母親は語っています。

今日の若き殉教者たち

奉仕の価値を忘れてしまった人々もいるでしょう。神のおきてには、隣人に対する愛と奉仕も含まれていることを、もしかすると私たちキリスト者は忘れているかもしれません。アカシュはそのことをよくわかっていて、自らの若い人生においてそれを実行しました。小さなことに忠実であった彼は大いなることにおいても忠実になれました。自らのいのちを捧げて彼は何百人もの人々を助けたのです。アカシュ・バシールの死は、多くの人々の救いのために十字架にかけられたイエスの愛を示しています。

このような奉仕する生き方、深く簡素な祈りの生き方、隣人に対する愛の生き方は、疑いなくサレジオ的教育法の明白なカリスマのしるしです。私たちの事業のすべての生徒・学生は、聖性に達するためには、神を、また私たちにとって大切な多くの人々を心から愛することによって幸せでいること、相手がよく知らない人でも関心をもち、世話をすること、日常的な義務の責任を果たすこと、奉仕すること、祈ること、それだけでよいと知っています。アカシュ・バシールはこのことの生きた手本です。彼はキリスト者皆にとって聖性の手本ですし、世界中のすべての若いキリスト者にとっての手本なのです。ですから、今日でも、聖人になれるのです!

一方でアカシュは、特にパキスタンの若いキリスト者や宗教上の少数派の若者たちの代表でもあります。アカシュ・バシールは、カトリックが少ない国々で、攻撃され、迫害され、辱められ、信仰のためにいのちを奪われる多くのキリスト者の象徴的存在、しるし、声なのです。アカシュはきわめて多くの勇敢な若い人々の声です。彼らは、貧困、宗教上の過激主義、無関心、社会的不平等、差別、人生の困難にもかかわらず、信仰のために自らのいのちを差し出すことができます。

ここに数名の若い聖人もしくは福者を挙げてみます。聖ドメニコ・サヴィオ(1857年帰天)、聖マリア・ゴレッティ(1902年)、福者ピエル=ジョルジョ・フラッサティ(1925年)、若き聖ホセ・サンチェス・デル・リオ(1928年)、そして最近列福された若者、カルロ・アクティス(2006年)。

彼らと同じように、おそらくは「知られざる聖人」として、アカシュ・バシールの生涯と殉教は今日の世界において、憎しみの闇から発した信仰の光です。

アカシュの生涯は今日のカトリック教会の力強いあかしです。それはかつての初代キリスト教共同体のことを私たちに思い出させるものです。彼らはイエスへの信仰と対立する文化や思想のただ中で生活していました。『使徒言行録』の共同体も少数派でしたが、神へのはかり知れない信仰をもっていました。この弱冠20歳のパキスタンの青年の生涯と殉教は、神の聖霊の力を私たちに認めさせてくれます。聖霊は、最も思いがけないところに、慎ましい人々、迫害されている人々、若者たち、神の「小さき者たち」のうちに、生きて現存しておられるのです。

パキスタンのサレジオ会学校卒業生アカシュ・バシールは私たちの予防教育法の生きたあかし、私たちの青年たちの模範、宗教的少数派にとっての祝福です。

皆さんにとって、さらに皆さんの家庭、共同体、事業所にとってよき新学年度の始まりとなりますように。

総長アンヘル・フェルナンデス・アルティメ神父

《翻訳:サレジアニ・コオペラトーリ 佐藤栄利子》


神様の愛が皆さんの心の奥深くまで沁み渡りますように✨




扶助者聖マリアの祭日おめでとうございます!

昨日までの5日間のYouTubeでのライブ配信は、たくさんの方がいらっしゃってくださいました。ありがとうございました。

本日の扶助者聖マリアのお祝いに際し、SYM担当のサレジオ会浦田神父様からメッセージをお届けします。

ロザリオライブは、過去5年間の夏の巡礼を青年たちのトークライブで振り返りながら、聖母月にあたり、5月25日の扶助者聖マリアの記念日に向けて、ロザリオを毎日1連ずつ、皆さんと共にささげていく企画です。


5月20日より5日間、毎日21:00~YouTubeライブにて配信いたします! 限定公開のため、ご視聴の際は下記埋め込み または こちらよりアクセスしてください。

※YouTube上で検索してもヒットしませんのでご注意ください。

※ライブ配信終了後も動画はご覧いただけます。


* * *


5月24日(日)・ロザリオライブ最終日は、2019年夏の「SYM夏合宿 in 奄美大島」についてのトークライブから始まります!

SYM同伴司祭の浦田慎二郎神父(サレジオ会)と、実際に奄美巡礼に参加した青年たちとでお届けいたします。ぜひ、お楽しみに😆


▼配信スケジュール

21:00ごろ~ 2019年夏「SYM夏合宿 in 奄美大島」についてのトークライブ

21:30ごろ~ ロザリオライブ 5連目

21:40ごろ 配信終了予定

ロザリオライブは、過去5年間の夏の巡礼を青年たちのトークライブで振り返りながら、聖母月にあたり、5月25日の扶助者聖マリアの記念日に向けて、ロザリオを毎日1連ずつ、皆さんと共にささげていく企画です。


5月20日より5日間、毎日21:00~YouTubeライブにて配信いたします! 限定公開のため、ご視聴の際は下記埋め込み または こちらよりアクセスしてください。

※YouTube上で検索してもヒットしませんのでご注意ください。

※ライブ配信終了後も動画はご覧いただけます。


* * *


5月23日(土)・ロザリオライブ4日目は、2018年夏の「サレジオ青年イスラエル巡礼」についてのトークライブから始まります!

巡礼に同伴してくださった赤木純子シスター(サレジアン・シスターズ)とSYMサポーター、実際にイスラエル巡礼に参加した青年たちとでお届けいたします。ぜひ、お楽しみに😆


▼配信スケジュール

21:00ごろ~ 2018年夏「サレジオ青年イスラエル巡礼」についてのトークライブ

21:30ごろ~ ロザリオライブ 4連目

21:40ごろ 配信終了予定

ロザリオライブは、過去5年間の夏の巡礼を青年たちのトークライブで振り返りながら、聖母月にあたり、5月25日の扶助者聖マリアの記念日に向けて、ロザリオを毎日1連ずつ、皆さんと共にささげていく企画です。


5月20日より5日間、毎日21:00~YouTubeライブにて配信いたします! 限定公開のため、ご視聴の際は下記埋め込み または こちらよりアクセスしてください。

※YouTube上で検索してもヒットしませんのでご注意ください。

※ライブ配信終了後も動画はご覧いただけます。


* * *


5月22日(金)・ロザリオライブ3日目は、2017年夏の「SYM夏合宿 in 宮崎」についてのトークライブから始まります!

SYM同伴司祭の浦田慎二郎神父(サレジオ会)と、実際に宮崎巡礼に参加した青年たち、同伴してくださった永田リツ子シスター(イエスのカリタス修道女会)とでお届けいたします。ぜひ、お楽しみに😆


▼配信スケジュール

21:00ごろ~ 2017年夏「SYM夏合宿 in 宮崎」についてのトークライブ

21:30ごろ~ ロザリオライブ 3連目

21:40ごろ 配信終了予定

ロザリオライブは、過去5年間の夏の巡礼を青年たちのトークライブで振り返りながら、聖母月にあたり、5月25日の扶助者聖マリアの記念日に向けて、ロザリオを毎日1連ずつ、皆さんと共にささげていく企画です。


5月20日より5日間、毎日21:00~YouTubeライブにて配信いたします! 限定公開のため、ご視聴の際は下記埋め込み または こちらよりアクセスしてください。

※YouTube上で検索してもヒットしませんのでご注意ください。

※ライブ配信終了後も動画はご覧いただけます。


* * *


ロザリオライブ2日目の5月21日(木)は、2016年夏の「SYM青年上五島巡礼」についてのトークライブから始まります!

SYM同伴司祭の浦田慎二郎神父(サレジオ会)と、実際に上五島巡礼に参加した青年たちとでお届けいたします。ぜひ、お楽しみに😆


▼配信スケジュール

21:00ごろ~ 2016年夏「SYM青年上五島巡礼」についてのトークライブ

21:30ごろ~ ロザリオライブ 2連目

21:40ごろ 配信終了予定

みなさん、こんにちは!

SYMの新企画「ロザリオライブ」が本日より始まりますよ!


ロザリオライブは、過去5年間の夏の巡礼を青年たちのトークライブで振り返りながら、聖母月にあたり、5月25日の扶助者聖マリアの記念日に向けて、ロザリオを毎日1連ずつ、皆さんと共にささげていく企画です。


5月20日より5日間、毎日21:00~YouTubeライブにて配信いたします! 限定公開のため、ご視聴の際は下記埋め込み または こちらよりアクセスしてください。

※YouTube上で検索してもヒットしませんのでご注意ください。

※ライブ配信終了後も動画はご覧いただけます。


* * *


5月20日(水)・ロザリオライブ1日目は、SYM JAPANが発足するきっかけとなった 2015年夏の「サレジオ青年イタリア巡礼」についてのトークライブから始まります!

SYM同伴司祭の三島心神父(サレジオ会)と、実際にイタリア巡礼に参加した青年たちとでお届けいたします。ぜひ、お楽しみに😆


▼配信スケジュール

21:00ごろ~ 2015年夏「サレジオ青年イタリア巡礼」についてのトークライブ

21:30ごろ~ ロザリオライブ 1連目

21:40ごろ 配信終了予定

今日5月6日は、聖ドメニコ・サヴィオの記念日です。おめでとうございます!

4月27日からの9日間、新型コロナウイルスの終息を願ってドメニコ・サヴィオへのノヴェナ(9日間の祈り)を行い、SYM事務局の青年スタッフがInstagramにてその様子をライブ配信しました。
ライブを見てくださった皆さま、またホームページに掲載した祈りを見て共にお祈りくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました!

本日はドメニコ・サヴィオの記念日にあたって、SYM同伴司祭の浦田慎二郎神父からメッセージをいただきましたので、ぜひご覧ください。

ドメニコ・サヴィオへのノヴェナ

── 9日目(5月5日)──


はじめに、ドン・ボスコが書いた「ドメニコ・サヴィオ伝」から一部読みます。ドメニコ・サヴィオについてよく知らない方もこの機会にぜひ、知ってみてください。


* * *

 靴を磨いたり、友達の衣服の汚れを落としたり、病人のために最も大変な奉仕をし、掃いたり磨いたりするといったことは、彼にとって最も楽しい気晴らしでした。「それぞれができることをすればいい」と彼はよく言っていました。「ぼくは大きなことはできないけど、できることを神様のより大いなる栄光のためにしたい。神様が限りない善意のうちにぼくのこの惨めなささげ物をよろこんでくれるといいな」。

 ドメニコは体力が弱まっていましたが、床(とこ)にふせっていなければならないというほどではありませんでした。それで、時々は学校に行ったり、学習室に行ったりもしていました。もしくは家事をしたりもしました。彼がしていたことの中で特によろこんでやっていたのは、オラトリオで仲間のだれかが病気のときに奉仕することでした。

 彼は言っていました。「病人のそばにいたり、訪問したりすることは、ぼくにとっては少しも功徳にならない。それをできるのがうれしすぎるから。というよりも、それは自分にとっての大切な楽しみなんだ」。

(ジョヴァンニ・ボスコ、『オラトリオの少年たち ドメニコ・サヴィオ、ミケーレ・マゴーネ、フランチェスコ・ベズッコの生涯』ドン・ボスコ社、76、103-4ページ)

* * *


*十字架のしるし

父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。


*聖ドメニコ・ザヴィオへの祈り

聖ドメニコ・サヴィオよ。

あなたは聖ドン・ボスコに見守られ、成長しました。

あなたの先生であるドン・ボスコの情熱に倣い、

あなたは多くの魂を救いたいという望みを分かち合いました。

あなたに願います。

すべての若者たちを守り、神と人とを愛する人となるよう導いてください。

聖なるものになりたいというあなたの願いを私たち皆が分かち合うことができますように。

イエスはいつも子どもたちを特に大切にしていましたから、

あなたの取り次ぎの願いがかなえられると信じています。

今、つつしんでお願いいたします。

私たちの願いをどうか主に取り次いでください。


~先唱する青年による新型コロナウイルスの終息を願う言葉~


*主の祈り

天におられるわたしたちの父よ、

み名が聖とされますように。み国が来ますように。

みこころが天に行われるとおり地にも行われますように。

わたしたちの日ごとの糧を今日もお与えください。

わたしたちの罪をおゆるしください。わたしたちも人をゆるします。

わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお救いください。アーメン。


*アヴェ・マリアの祈り (3回唱えます)

アヴェ、マリア、恵みに満ちた方、主はあなたとともにおられます。

あなたは女のうちで祝福され、ご胎内の御子イエスも祝福されています。

神の母聖マリア、わたしたち罪びとのために、

今も、死を迎える時も、お祈りください。アーメン。


*栄 唱

栄光は父と子と聖霊に。初めのように今もいつも世々に。アーメン。


*新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り

いつくしみ深い神よ、

新型コロナウイルスの感染拡大によって、

今、大きな困難の中にある世界を顧みてください。

病に苦しむ人に必要な医療が施され、

感染の終息に向けて取り組むすべての人、

医療従事者、病者に寄り添う人の健康が守られますように。

亡くなった人が永遠のみ国に迎え入れられ、

尽きることのない安らぎに満たされますように。

不安と混乱に直面しているすべての人に、

支援の手が差し伸べられますように。

希望の源である神よ、

わたしたちが感染拡大を防ぐための犠牲を惜しまず、

世界のすべての人と助け合って、

この危機を乗り越えることができるようお導きください。

わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

希望と慰めのよりどころである聖マリア、

苦難のうちにあるわたしたちのためにお祈りください。

(2020年4月3日 日本カトリック司教協議会認可)


~青年からひとこと~

~明日のお知らせ~